header_logo.GIF

中国語・中国進出ならグローバル・シーにお任せ下さい。

2019年05月24日

中国、陸上風力発電への補助金を2021年に廃止へ

中国、陸上風力発電への補助金を2021年に廃止へ
上海 24日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会は24日、新規の陸上風力発電プロジェクトに対する補助金を2021年初めに廃止する方針を示した。 石炭火力 ...
【米中ウオッチ】通貨安関税、大統領の真意、ファーウェイ、誰が負担
... 【コラム】米中対立激化は世界の消費者にも 再考迫る−エラリアン; トランプ政権、 農業支援策発表−農家に補助金1.6兆円を直接支給; 原油先物が 急落、今年
posted by Mark at 22:35| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

中国の都市化とグリーン建築・建材最前線」刊行のご案内 内容について詳しくはこちらを御覧ください。

中国の都市化とグリーン建築・建材最前線」刊行のご案内
内容について詳しくはこちらを御覧ください。
 
○「アジア新興国のエネルギーアクセス改善にむけて」刊行のご案内
内容について詳しくはこちらを御覧ください。
posted by Mark at 20:52| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

新エネルギー車への補助基準を引き上げ(2019年04月05日)

新エネルギー車への補助基準を引き上げ(2019年04月05日)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/04/e69fe14a41e0c64e.html

◆ジェトロとCCPIT、第三国初の「日中ビジネス協力に関するワークショップ」をタイで開催(2019年04月04日)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/04/f4ddca4c1cef7701.html

◆海南省、「クリーンエネルギー車発展計画」発表、2030年までにガソリン車販売禁止(2019年03月29日)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/03/64a066195a1d2a22.html

=======================

posted by Mark at 14:51| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

2018年10月11日 北京市、2020年までの大気汚染改善目標を引き上げ (中国)

2018年10月11日 北京市、2020年までの大気汚染改善目標を引き上げ  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/10/772900ac53528ee1.html

◆2018年11月6日  生態環境部、環境保護査察の「振り返り」第2弾の対象地域を発表  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/11/9c0e354a4a31e32e.html

◆2018年12月14日  2019年も重大リスクの防止、貧困脱却、環境汚染防止が重点課題  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/12/6f20656d3b46a52d.html

◆2019年03月06日 上海市の生活ごみ分類化、さらに細かく徹底へ(中国)
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/03/c3cab17432a8cdcd.html

◆2019年03月07日 2018年度日本企業の海外展開調査、中国へのビジネス拡大意欲が増加(世界、日本)
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/03/06fbcf94bd833776.html

posted by Mark at 22:43| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

2018年 進出日系企業に対する環境規制調査アンケート(2018年11月)」

2018年 進出日系企業に対する環境規制調査アンケート(2018年11月)」
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/e8c0dc2482a52c52.html

2)「中国の消費者の日本製品等意識調査(2018年12月)」
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/820261128897b417.html

posted by Mark at 22:00| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

2018年7月12日 中国、青い空を守るための3年行動計画を制定 (中国)

2018年7月12日  中国、青い空を守るための3年行動計画を制定  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/07/34762ce051a27167.html


◆2018年6月25日  広東省、新築住宅にEV充電設備を義務付け  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/cc73d0104efe4fc7.html


◆2018年6月21日  福建省、環境汚染の処罰は封鎖・差し押さえが最多  (中国) 
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/349fbbbad5f3fcb2.html


◆2018年6月21日  中国日本商会、2018年版「白書」は「環境」「物流」を重点に建議  (中国、日本)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/83827abea2f4cc24.html


◆2018年5月30日  密輸ごみの大規模な取り締まり、17省市で実施  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/eea0ef78c00da716.html


◆2018年5月25日  環境市場にビジネスチャンス  (中国)  
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/9d4b133f0993dbd7.html

posted by Mark at 22:54| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

中国省エネ・環境関連情報

http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/environment/
----------------------------------------------------------------------
 ◆日中、省エネ環境分野で51項目に合意
 日中両国政府や研究団体、企業が26日、北京で開かれた第6回「中日省エネル
 ギー・環境総合フォーラム」で 51の協力プロジェクトに合意。省エネ基準や
 制度の作成、火力発電の効率性の向上、半導体照明の基準化、海水淡水化、
 汚泥無害化などの分野に及ぶ。 (11月27日 新華社)
  http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/27/c_122340583.htm

 ◆白熱電球を段階的に淘汰
 第17回気候変動枠組条約締約国会議(COP17)に向け、中国は今後5年間で段
 階的に白熱電球をなくすこととし、省エネ・排出削減への決意を世界にアピ
 ールする方針。  (11月23日 新華社)
  http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/23/c_122325145.htm

 ◆気候変動白書、発表
 国務院は22日、『気候変動に応じる中国の政策と行動(2011)』を発表。国内
 取り組み実績や12.5計画期間目標を明らかにしたほか、自国の特性を生かし、
 気候変動に配慮した持続可能な経済発展を成し遂げる姿勢を示した。
  (11月22日 新華社)
  http://news.xinhuanet.com/2011-11/22/c_111185426.htm

 ◆大気環境評価基準、引き上げへ
 最近、国内の広い地域においてスモッグ警報が相次いで発令されているが、
 気象局ホームページでは「軽度汚染」を示されていることが多い。これに対
 し国民は大きな不信感を募らせている。これを受け、国家環境部は16日「環
 境大気品質基準」(第二次意見募集稿)を発表。既存物質の基準値引き上げ
 や、PM2.5(粒径2.5μm以下の粒子状物質)を観測対象に追加するなど、人々
 の体感により近いモニターリングデータの発信を狙う目的と見られる。 
  (11月17日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/17/c_122293426.htm

 ◆残留性有機汚染物質の問題解決に着手
 有機塩素系農薬やダイオキシンに代表される残留性有機汚染物質の問題を解
 決すべく、環境部 張力軍副部長は、早くも「12.5計画」期間中に、汚染物質
 の発生から流通・使用・排出・処理までの管理制度をつくると話した。国と
 しては今までSO2や窒素・リン等に重点を置いてきたが、残留性有機汚染物
 質を加えることで、より一層 環境保全に力を注ぐ決意を示した。
  (11月15日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/15/c_122285016.htm
 
 ◆国内最大級ゴミ焼却発電施設が完成
 山東省済南市政府が後押しした国内最大級ゴミ焼却発電プロジェクトー済南
 市第二生活ゴミ総合処理場が建設・試運転を経て完成した。ハイレベルな処
理設備の導入やオンラインネットワークの構築等を通じ、国家基準を超える
 高水準の排出を実現。生活ゴミ年間処理量66.67万トン、年間発電量2.7億kWh。
 同市から出るすべての生活ゴミを焼却する見込み。 (11月10日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/10/c_122261801.htm

 ◆国務院、廃品回収に関する指導意見を発表
 再生可能な資源となる廃品の回収システムを改善すべく、国務院は10月31日
 に指導意見を発表した。回収〜リサイクルまでのプロセス改善は勿論、関連
 制度の策定、財政・土地支援、教育宣伝などソフト面においても、各地区人
 民政府機関に対し方針を明確にした。  (11月4日 中央人民政府網)
 http://www.gov.cn/zwgk/2011-11/04/content_1986158.htm

 ◆深刻化する北京の水不足、再生水需要拡大
 「南水北調プロジェクト」(南部の長江から北京を含む北部の黄河へ、運河を
 掘って水を送り込む国家計画)と呼ばれる大規模利水事業が建設される中、な
 お深刻化する北京の水不足、解決の決め手とされる再生水の需要が高まりつ
 つあると、同市水事務局の調査で分かった。再生水工場の建設加速や、再生
 水の使用普及が予想される。(11月3日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/03/c_122228443.htm

 ◆11月1日より実施される国家基準
 国家環境部は「太湖流域管理条例」、「大気-PM10およびPM2.5測定法」、
 「水質-揮発性ハロゲン化炭化水素測定法」、「水質-クロロベンゼン化合物
 測定法」、「固定汚染源排気SO2測定法」、「環境観測管理技術指導」の6つ
 の環境基準を公表。11月1日から実施。 (11月1日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-11/01/c_122222826.htm
posted by Mark at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

中国省エネ・環境関連情報

http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/environment/

 ◆都市部生活ゴミの無害化処理率が72.4%に
(10月26日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-10/26/c_122198016.htm

 ◆北京郊外の炭鉱、厳しい産業構造転換期を迎える
(10月23日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-10/23/c_122188291.htm

 ◆環境部、主要汚染物 2011年上半期の排出データを公開
 環境部は全国にわたる主要汚染物の排出調査を終え、集計結果を公開した。
 前年同期比でCODが1.63%減、二酸化硫黄が1.74%減、アンモニア性窒素が0.73%
 減、窒素酸化物が6.17%増、という結果であった。これらのデータは今後も
 定期的に公開される予定。  (10月11日 国家環境部)
 http://www.mep.gov.cn/gkml/hbb/qt/201110/t20111011_218176.htm

◆中国固形廃棄物管理と資源化の趣旨、COP10で発信
 (10月19日 国家環境部)
 http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201110/t20111019_218475.htm

 ◆東莞市火葬施設、排気ガス処理しないまま排出
 
  (10月13日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-10/13/c_122152061.htm

 ◆無錫市、6業種の新規参入を拒否
 (10月12日 国家環境部)
  http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201110/t20111012_218200.htm

 ◆新国家環境基準、10月1日より実施
  (10月8日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-10/08/c_122127513.htm

 ◆太湖流域管理条例、11月から実施
 (10月5日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-10/05/c_122121495.htm
posted by Mark at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

中国省エネ・環境関連情報

http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/environment/
----------------------------------------------------------------------
 ◆化学品・危険廃棄物に対する全国検査、11月まで実施
 国家環境部は、国務院常務会議の主旨に従い「化学品および危険廃棄物の環
 境管理に関する検査の通達」を発表した。環境リスクの低減を目的とした今
 回の検査は11月末まで行われ、危険化学品メーカー、クロム関連、ポリシリ
 コン関連、危険廃棄物処理施設、電子廃棄物リサイクル関連および汚水・汚
 泥処理施設業者等が対象となっている。
 (9月16日 環境保護部)
 http://www.zhb.gov.cn/gkml/hbb/bgt/201109/t20110920_217489.htm

◆国内最大規模の「地溝油」業者摘発
 国家公安部が、残飯や下水油を原料とした「地溝油」を食用油として回収・
 製造・販売していた業者を摘発、32人を逮捕した。下水油の管理体制が問題
 視される中、公安部は国に対し、下水油精錬基準の策定および下水油を原料
 とする化学工業品企業への政策支援を促している。
 (9月13日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-09/13/c_122026607.htm

 ◆河北省の鉛蓄電池企業数、105社から15社に減少
 河北省にある鉛蓄電池メーカー、組み立て工場および鉛リサイクル業者に対
 する調査の結果によると、105社のうち90社が環境基準を満たさないため操業
 停止を命じられたことが分かった。河北省人民政府は、重金属汚染防止にお
 いて今後も管理強化を続ける方針だ。
 (9月14日 環境保護部)
 http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201109/t20110914_217236.htm

 ◆国内核廃棄物処理施設管理の一括化が加速
 フランス南部マルクールで核廃棄物処理施設の爆発事故をうけ、中国原子力
 エネルギー協会の副秘書長は国内原子力発電の推進に影響がないとの見解を
 示した。中国は原子力発電の歴史が浅く、設備の老朽化が見られていないが、
 今回の事故で改めて核廃棄物処理施設管理の一括化の重要性を知らされるこ
 とになったという。
 (9月14日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-09/14/c_122029678.htm

 ◆浙江省、3つの汚水処理場から基準を超える処理水が流出
 住民報告を受け、江蘇省環境保護庁関連機関が浙江省呉江地区にある3つの汚
 水処理処理場の出口水質を分析検査したところ、それぞれ基準値を超えるCOD
 が検出された。今のところ周辺地表水への影響が認められていないというのだ
 が、処理工程における設備破損、水温過高、処理時間不足等の問題が見受けら
 れた。江蘇省環境保護庁はこれらの汚水処理場に対し業務改善を命じた上、今
 後は定期的に検査を行い、監督を強める方針を示した。
 (9月7日 環境保護部)
 http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201109/t20110907_217025.htm

 ◆北京民用建築に関する「12.5計画」公表
 北京発展改革委員会は民用建築に関する12.5計画を発表した。総建築面積2億
 平米、うち省エネ基準を満たす割合75%。集合給熱システム改造計1.5億平米、
 再生可能資源応用率8%、農村省エネ住宅建設および改築20万戸、電気系統最
 適化による節電12%等の措置を通して今後5年間で省エネ量(石炭)620万トンを
 目標としている。
 (9月7日 環境保護部)
 http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201109/t20110907_217026.htm

 ◆省エネ車補助金基準、10月1日から引き上げ
 昨年6月から実施されているエコカー購入補助金政策が10月1日から新しくス
 タートする見通しとなっている。現行基準は排気量1.6L以下クラス、100キロ
 あたり消費ガソリン6.9L以下の乗用車1台に対し補助金3,000元。新政策では、
 100キロ当たりのガソリン消費量が6.3Lに引き上げられる見通しである。
 (9月6日 新華社)
 http://news.xinhuanet.com/environment/2011-09/06/c_121984593.htm

 ◆南京市内の川、一時真っ赤に染まる
 8月29日早朝、南京市内に流れる「金川河」の一部区間が真っ赤に染まったこ
 とが市民らの通報で分かった。市環境保護局作業員らは20名体制で42時間に
 わたる調査の末、不法投棄の疑いで川の近くに住むインクジェットカートリッ
 ジ販売店の経営者を取り調べた。経営者は、水溶性で無毒と思われる赤いイン
 ク約130リットルを雨水用マンホールに流し込み廃棄したことを認めた。水質
 検査の結果、川の水や地下水に異常は出ていないという。
 (9月2日 環境保護部)
 http://www.mep.gov.cn/zhxx/hjyw/201109/t20110902_216866.htm
posted by Mark at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

中国で環境汚染拡大防止の動き

新法に関するニュース記事(Reuters.com 2011年7月15日)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/96279/Ja334BDedD00_319/110822005.html
2005年のCNPC工場の爆発事故に関するニュース記事
(Bloomberg 2010年1月8日)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/96279/3J39ikDedD00_319/110822006.html
「中国水汚染マップ」に関するニュース記事(朝日新聞 2007年03月11日)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/96279/8CUiKGDedD00_319/110822007.html
グリーンピースのプレスリリース
http://r34.smp.ne.jp/u/No/96279/A83dgKDedD00_319/110822008.html
報告書「ダーティー・ランドリー 〜衣料業界の不都合な真実〜」(英文)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/96279/E37T4EDedD00_319/110822009.html
posted by Mark at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、CSR強化に本腰

posted by Mark at 16:52| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

広東省省エネ協会入会のご案内

 このたび、2009年日中省エネ・環境技術展示会(広東)を共催した広東省・省
エネ協会から広東省に製造拠点を構える日系企業の皆様に、同協会への入会をご
検討いただきたいとのことで、関係資料が送付されて参りました。同協会は、省
エネを推進するために設置された業界団体で、同協会員企業は広東省が推進する
省エネに関する政策情報、コンサルティング等のサービスを享受することができ
ます。ご関心の企業がありましたら、以下の連絡先までご照会いただきたくお願
い申し上げます。
詳細を添付「ご案内・申込書」をご参照ください。
http://www5.jetro.go.jp/newsletter/guangzhou/syouenekyoukai.pdf
連絡先:
 Ms.麦(MAI )
 TEL:020-3881-1431、135-8058-6526
 FAX:020-3884-7360
posted by Mark at 13:55| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

11月1日、90号ガソリンが販売停止。「上海IV」基準ガソリンの全面供給   を開始(11月1日)

上海では、90号ガソリンの販売が停止され、11月1日から全面的に「上海IV」
基準ガソリンの販売が開始された。同時に他の都市に先駆けて新しい自動車の
登記過程で、国家第4段階自動車排出標準を導入する。「上海IV」基準ガソリ
ンは、主要汚染物を10%−15%削減(硫黄は90%以上削減)可能とされる。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6111&Itemid=37

----------------------------------------------------------------------
2.2010年の再生可能エネルギー消費量10%を目指す(11月3日)
----------------------------------------------------------------------
国家発展改革委員会エネルギー研究所の李俊峰副所長は、2009年中国クリーン
エネルギー国際サミット(11月2日〜11月3日)にて、第11次5ヵ年計画で設定し
た、全エネルギー消費量に占める再生可能エネルギー消費量の割合を2010年ま
でに10%にする目標は達成困難だが可能であると発言した。10%の内訳は、主に
水力発電、風力発電、太陽エネルギーであり、水力発電が最も重要とされる。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6124&Itemid=37

----------------------------------------------------------------------
3.アジア最大の太陽光発電基地を2010年に上海万博会場に建設(11月2日)
----------------------------------------------------------------------
上海市科学技術委員会は2010年上海万博会場に、太陽エネルギー、風力エネル
ギー、地熱エネルギーなどの新エネルギー設備を建設すると発表した。そのう
ちアジア最大となる太陽光発電基地は発電総量5MWを目指す。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6121&Itemid=37

----------------------------------------------------------------------
4.中国製風力タービン購入政策を放棄(11月4日)
----------------------------------------------------------------------
商務部の陳徳銘部長は国産風力タービンの購入政策を放棄し、外国製のタービ
ン販売を緩和すると発言した。なお、中国製風力タービンの購入政策を既に地
方政府に権限を移譲しているが、現在の風力タービン70%が中国製である。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6132&Itemid=37

----------------------------------------------------------------------
5.節能減排事業に235億元を投入(11月4日)
----------------------------------------------------------------------
財務部張少春部長は全国財政節能減排業務会議にて、節能減排に235億元を中
央財政より投入すると発言した。
235億元の内訳は、重点プロジェクト奨励金(70億元)、中西部の都市汚水処
理場建設(65億元)、汚染企業の移転(20億元)、統計・監督等業務(30億
元)、「三河三湖」水汚染防止処理(50億元)。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6134&Itemid=37

----------------------------------------------------------------------
6.北京市の水道料金を値上げ(11月9日)
----------------------------------------------------------------------
北京市水道局の関係者は北京市の水資源量が減少、深刻な状況となったため、
給水を確保するため、水道料金を少なくとも0.8元/トン値上げする見込みと発
言した。11月初旬までの北京市降雨量は436mmであり、水資源は危機的状態に
陥っている。なお、値上げ後の水道料金は現在の3.7元/トンから5元/トンを上
回ることが予想されている。

中国省エネ監督情報網より
http://www.cecs.gov.cn/index.php?option=com_content&task=view&id=6170&Itemid=37
posted by Mark at 00:18| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

省エネルギー】 1.江蘇省、「建築物省エネ管理弁法」を可決 2.第4回日中省エネ環境保護フォーラム、41項目の契約に調印

【エネルギー全般】
3.国家能源局、エネルギー経済運行データを初めて公布
4.シノペックとシェブロン、世界最大級の天然ガス田を四川省で共同開発
5.「上海市浦東エネルギー効率センター」設立、NGOとして省エネ支援

【新エネルギー】
6.電力監管委員会、再生可能エネルギーを四つの方面で監督促進

【環境保護・汚染物質排出削減】
7.11の省・自治区・直轄市が連携、省を超えた環境汚染に対応
8.武漢市、「大東湖生態水網」建設、投資額160億元で水質改善を図る
9.土壌汚染処理及び生態修復、四川省でモデル事業展開へ

【詳細は、以下のリンクよりご覧いただけます。】
http://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/0911-1-3.pdf

posted by Mark at 16:25| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

中国エコ・ビジネスへのアプローチ〜中国版グリーン・ニューディールへの対応

世界同時不況の中、中国政府は4兆元の財政投入をし、景気回復策を展開中です。
とりわけ我国企業が得意とする省エネ・環境保護分野への投入が当初の1000
億元から3,700億元へと増加されたことで、当該分野でのビジネスチャンスへ
の期待が高まっています。
 そこで、中国の環境保護・汚水や汚泥など既存汚染への対応・省エネあるいは
風力・バイオマスなど再生可能エネルギー開発などの実態及び課題、そして中国
でのエコ・ビジネス展開に際してのノウハウなどにつき(財)日中経済協会の専
門家を講師として下記要領にてセミナーを開催いたします。ご多忙と存じますが
ご出席賜りますよう、ご案内申し上げます。

◆日時:2009年8月31日(月) 15:00−17:00
◆場所:マイドームおおさか 8F 第3会議室
     大阪市中央区本町橋2−5(06−6947−4323)
◆講師:財団法人日中経済協会   高見澤 学 企画調査部 課長
◆参加費:無料
◆主催:財団法人日中経済協会、日中ビジネス支援事業協同組合
◆後援:財団法人大阪産業振興機構、財団法人大阪国際経済振興センター
◆申込方法:下記ホームページより申込書をダウンロードし、FAXよりお願いします。
(締め切り日:8月27日(木))  FAX: 06-4792-1778
               ↓
http://www.jc-web.or.jp/JCCont.aspx?SNO=001&b=006&s=&k=575

【お問合せ先】:(財)日中経済協会関西本部 担当:松崎  
         TEL:06-4792-1776 FAX:06-4792-1778
posted by Mark at 18:16| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

中国の環境保護法規・基準

1.旧家庭電器製品回収・新品購入補助金制度
 (2009年6月1日〜2010年5月31日施行)
 内容:2009年6月1日から2010年5月31日にかけ、北京、上海など、9省において
    テレビ(400元/一台)、冷蔵庫(300元/一台)、洗濯機(250元/一台)
    エアコン(350元/一台)パソコン(400元/一台)を対象とし、旧家庭
    電器製品回収・新品購入補助金制度を実施
  中国環境保護部HPより
  http://www.zhb.gov.cn/law/gz/bmhb/gwygf/200907/t20090703_153774.htm
 
2.水汚染期限処理管理法
 (2009年6月11日採択、2009年7月8日公布、2009年9月1日施行)
 内容:(1)放流水汚染物量が中央政府・地方政府の水汚染物排出基準以上
    (2)中国国務院・自冶区・直轄市政府が確定した重点水汚染物の削減
     およびコントロールについて、総量制御基準以上
    の場合は、水汚染物排出企業に対し、原則一年以内の是正を義務付ける
  中国環境保護部HPより
  http://www.zhb.gov.cn/info/bgw/bl/200907/t20090713_155074.htm

3.自動車の旧車回収・新車購入補助金制度
 (2009年6月1日〜2010年5月31日施行)
 内容:(1)国家I基準の汚染物排出基準に達してないガソリン車
    (2)国家III基準の汚染物排出基準に達してないディーゼル自動車
    に対して、2009年6月1日から2010年5月31日にかけ、3000元〜6000元
    の補助金を交付
  中国環境保護部HPより
  http://www.zhb.gov.cn/law/gz/bmhb/gwygf/200907/t20090716_156175.htm

4.TCA(トリクロロ酢酸)の生産・使用禁止公告
 (2009年7月20日公布、2010年1月1日施行)
 内容:(1)2010年1月1日からTCAの生産に関して製造原料及び必要用途以外の
     生産禁止
    (2)2011年1月1日からTCAの使用に関して製造原料及び必要用途以外の
     使用禁止
    (3)TCAの生産及び使用に関して環境保護部の許可が必要
  中国環境保護部HPより
  http://www.zhb.gov.cn/info/bgw/bgg/200907/t20090724_156754.htm
posted by Mark at 09:02| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

2009年03月04日

中国の環境保護法規・基準

1.クリーン生産基準 石炭採鉱工業(11月21日公布、2009年2月1日より施行)
  Cleaner production standard  Coal mining and processing industry

2.クリーン生産基準 鉛蓄電池工業(11月21日公布、2009年2月1日より施行)
  Cleaner production standard  Lead acid battery industry

3.クリーン生産基準 製革工業(牛革)(11月21日公布、2009年2月1日より
  施行)
  Cleaner production standard  Tanning industry(Bovine leather)

4.クリーン生産基準 合成革工業(11月21日公布、2009年2月1日より施行)
  Cleaner production standard  Synthetic leather industry

5.クリーン生産基準 プリント基板製造業(11月21日公布、2009年2月1日より
  施行)
  Cleaner production standard  Printed circuit board manufacturing

6.クリーン生産基準 電気メッキ産業(HJ/T314−2006)改訂案
  (11月27日公布、2009年2月1日より施行)
 
詳細: 中国環境保護部サイト  
 ⇒ http://www.zhb.gov.cn/law/hjxzxk/200902/t20090201_133854.htm

posted by Mark at 00:35| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

2008年11月23日

引き合い情報 【新規 14件】

----------------------------------------------------------------------
1.案件No.QD081112-001Y-1
 ◆地    域: 山東市済南市
◆業    種: 制御装置
◆引き合い概要: 同社は事業拡大のため、日本から排水処理、浄水場向け
          水制御システム技術の導入と輸入販売を希望しています。 
----------------------------------------------------------------------
2.案件No.QD081112-001Y-2
◆地    域: 山東市済南市
 ◆業    種: 制御装置
 ◆引き合い概要: 同社は事業拡大のため、日本から工場用ボイラーに係る
          高度制御技術の導入と輸入販売を希望しています。
----------------------------------------------------------------------
3.案件No.QD081112-002Y-1
 ◆地    域: 山東省済南市
◆業    種: 水処理(下水処理、製紙など産業排水処理、水質測定
          システムなど)
◆引き合い概要: 同社は、高度な排水処理技術と設備の開発、生産、販売
          に関して、協力できる日本企業を探しています。     
----------------------------------------------------------------------
4.案件No.QD081112-002Y-2
 ◆地     域: 山東省済南市 
◆業  種: 水処理(下水処理、製紙など産業排水処理、水質測定
          システムなど)
◆引き合い概要: 同社は、脱硫処理技術と設備の開発、生産、販売に関し
て、協力できる日本企業を探しています。
----------------------------------------------------------------------
5.案件No.QD080903-001-1
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 水処理
◆引き合い概要: 同社は、汚水処理技術と設備の導入を有償ベースで希望
          しています。
----------------------------------------------------------------------
6.案件No.QD080903-001-2
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 水処理
◆引き合い概要: 同社は、石炭火力向け排煙脱硫技術の導入を有償ベース
          で希望しています。
----------------------------------------------------------------------
7.案件No.QD080903-002-1
 ◆地  域: 山東省棗荘市 
◆業  種: 環境保護設備(煤煙処理、産業排水処理)
◆引き合い概要: 同社は、技術レベルアップを目的として、日本から排煙
          脱硫技術の導入を希望しています。
          技術導入は自己資金で可能であるが、日本からの資本提
          供も歓迎します。企業の大小を問わず、技術力の高い会
          社からの商談を歓迎します。
----------------------------------------------------------------------
8.案件No.QD080903-002-2
 ◆地  域: 山東省棗荘市 
◆業  種: 環境保護設備(煤煙処理、産業排水処理)
◆引き合い概要: 同社は、技術レベルアップを目的として、日本から工場
          排水処理技術の導入を希望しています。
          技術導入は自己資金で可能であるが、日本からの資本提
          供も歓迎します。企業の大小を問わず、技術力の高い会
          社からの商談を歓迎します。 
----------------------------------------------------------------------
9.案件No.QD080903-003-1
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 水処理(下水、産業排水処理)
◆引き合い概要: 工場排水のリサイク技術及びハードの導入を希望してい
          ます。
          技術力を有する企業、研究機関であれば、規模の大小は
          問いません。現在は、大阪産業大学及び大阪環境協会と
          の交流があり、知財に関しては契約により遵守します。
----------------------------------------------------------------------
10.案件No.QD080903-003-2
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 水処理(下水、産業排水処理)
◆引き合い概要: 水処理用添加剤の輸入販売を希望しています。
          技術力を有する企業、研究機関であれば、規模の大小は
          問いません。現在は、大阪産業大学及び大阪環境協会と
          の交流があり、知財に関しては契約により遵守します。
----------------------------------------------------------------------
11.案件No.QD080903-004-1
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 廃棄物処理・リサイクル
◆引き合い概要: 古タイヤからオイルの回収及びリサイクル技術に関し、
          環境汚染のない技術技術導入を希望しています。
          技術はベンチャー、研究機関、企業を含め規模や形態に 
          関わらず導入します。
----------------------------------------------------------------------
12.案件No.QD080903-004-2
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 廃棄物処理・リサイクル
◆引き合い概要: 自動車燃料の省エネ、CO2削減に供する添加剤製造技術
          の導入を希望しています。
          技術はベンチャー、研究機関、企業を含め規模や形態に 
          関わらず導入します。
----------------------------------------------------------------------
13.案件No.QD080903-005-1
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 環境設備(大学の傘下企業)
◆引き合い概要: 省エネ、Co2削減に関る技術導入又は技術及び製品の輸
          入販売を希望しています。
          優れた技術を持つ企業、研究機関からの技術導入を希望
          しています。
          本件は技術レベルを優先し、日本企業の知財は充分に尊
          重します。また資金力は充分にあり、支払い能力に問題
          はありません。
----------------------------------------------------------------------
14.案件No.QD080903-005-2
 ◆地  域: 山東省済南市 
◆業  種: 環境設備(大学の傘下企業)
◆引き合い概要: 製紙漂白技術の導入又は合弁事業を希望しています。
          優れた技術を持つ企業、研究機関からの技術導入を希望
          しています。
          本件は技術レベルを優先し、日本企業の知財は充分に尊
          重します。また資金力は充分にあり、支払い能力に問題
          はありません。

posted by Mark at 02:48| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
astyle ANAショッピングサイト